ご存知ですか?

2019.08.04

ご存知ですか?

こんばんは~!!

 

日が落ちたあとも、昼と変わらない暑さが続き、

扇風機やエアコンが欠かせない時期ですね。

 

東北出身の私はこの暑さに耐えきれず、

家にいるときは常にエアコンをつけてしまっています(-_-;)

 

 

暑いから、涼しい部屋にこもりがちだったり

お仕事上、クーラーがつきっぱなしの部屋に一日中いなければいけない方などには

特に注意していただきたいのが

 

クーラー病

 

皆さんはご存知ですか?

実際には病気の名前としてはないのですが

 

夏場の冷房が原因と考えられる様々な健康障害のこと

を指します。

室内と室外の気温差に、体の交感神経と副交感神経のバランスがうまく行かず、

不調を引き起こしてしまいます。

 

その症状として

体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、神経痛、腰痛、腹痛、

食欲不振、下痢、便秘、不眠、月経不順 etc…

などがあげられます。

 

これの対策として

・冷房を弱くして、外気温との差を5℃以内に設定すること

・軽く汗をかく運動を行うこと

・規則正しい生活、ストレス回避 etc…

などの対策があります。

それと、涼しくても「水分補給」は忘れないで下さいね。

 

今年の夏は厳しい暑さが続きそうですので

お体には十分に気をつけて過ごしましょう!!

 

                                大馬朝香



スタッフ 大馬 朝香